りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

妊娠中のこと

GBS検査で陽性が出た!帝王切開と言われて私が取った行動。

2017/11/26

先日35週のときの妊婦健診でGBS、いわゆるB群溶血性連鎖球菌の検査をしました。

 

その次の健診のときにGBSの結果を知らされることになったんですが・・。

 

先生が変わるとこうも結果が違ってくるのか・・と思い知らされることとなったのです。



GBSで陽性反応が出るとどうなる?

33週から37週あたりでほとんどの妊婦さんが受けることになるGBS検査。

 

GBSとは「B群溶血性連鎖球菌」のことで、妊婦さんの10~15%くらいの人が膣内に持っている常在菌です。

 

性病の類ではないため、妊婦さん自身はもちろんお腹の赤ちゃんにも特に悪さをすることはありません。

 

ただし、出産時に赤ちゃんが産道を通るときに感染してしまうと、ときに重篤な影響を及ぼしてしまう可能性がある菌なんだとか・・!

 

 

でも、お産が始まってから3~4時間おきに抗生剤を点滴することで、赤ちゃんへの感染はほぼ防げるそうなので、たとえ陽性反応が出たとしてもそこまで恐がることはないとのことです。

 

GBSで陽性だと帝王切開になるって本当?

で、ここからが本題なんですが、実は私、35週でGBSの検査を受ける前からGBSに感染していることが分かっておりまして。

 

というのも、他の検査をしたときにGBSの感染の有無についても分かることがあるんですって!

 

たしか妊娠中期に差し掛かる頃にはGBSが陽性だということが分かっていたので、内診のたびに「イソジンフラジール」という抗生剤で消毒してもらっていました。

 

 

でね!

 

私はいつも同じ先生に診てもらっていたんですが、その先生には、「出産のときまでGBSが陽性なら帝王切開になります」って言われていたんです!!

 

そのときは無知だったため、まあそういうもんなんかな~?くらいに思っていたんですが、のちのち何気なくGBSについて調べていたら、「GBSが陽性だからといって帝王切開の理由にはならない」ということが判明!

 

 

もう、どの育児サイトを見ても知恵袋をみても、全部そう書かれてあったんですよね。

 

 

あっぶねー!!意味もなく腹切られるところだったー!!!!

 

 

で、ずっと診てもらっていた先生は本当に丁寧に診てくれるし、説明も丁寧だし本当に好きな先生だったんですが、一気に信頼できなくなり、曜日を変えて違う先生に診てもらうことに。

 

 

代えてもらった先生にも、その日の助産師外来でもGBSが陽性で帝王切開になるのかをしつこく問いただしたところ、やっぱりGBSの有無で帝王切開になることはありえないとのことでした・・!

 

 

ただ、私の場合経産婦ということもあり、少し注意点もあるそうで。

 

初産婦さんよりは経産婦さんにありがちな、陣痛が来て病院到着!はい出産!となる可能性も無きにしも非ずです。

 

もしも抗生剤が効くまでに赤ちゃんが生まれてしまったら大変なので、陣痛が来たらちょっと早めに病院に来てくださいとのことでした。

 

 

まとめ

今回のことで思い知らされましたが、診る人が変わるとこうも言うことが違うのかとマジで震えました。

 

そして無知って怖い!と本気で震えました・・!

 

 

ただいま37週。

 

無事に生まれてくれること、ただそれだけを祈っている母なのでした。



-妊娠中のこと