りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

持ち物のこと

冷え性だからこそ足汗をかく?!もう二度と恥ずかしい思いをしたくない!

まだ10月だというのに、今年は寒くなるのが本当に早いですね!

 

都心では何十年かぶりに最高気温が12℃台だったんですってね!!

 

それで調子に乗って、今年は早々とUGGのブーツを出してしまったのが悪夢の始まりでした・・。

 

 

足汗で靴下が濡れる・・?

オシャレなママ友のおうちにお呼ばれしたつい先日のこと。

 

初めてお邪魔するそのママ友の自宅はそれはそれはこじゃれており、若干恐縮しながら例のUGGを脱ごうとした瞬間・・。

 

 

(やっば・・!足めっちゃ蒸れてるわ。靴下が湿っぽい・・。しかもスリッパ無しかいな!!!)

 

 

いきなり窮地に立たされる私。

 

目の前に広がるフローリングの床。

 

 

以前もこのブログに書いたことがありますが、私、ものすごく足汗をかくのが悩みでして・・。

 

解決策を見出すことができて一件落着♪と思っていたんですが、寒くなったこともあり、その日は完全に足汗対策を怠ってしまっていました。

 

 

案の定、オシャレなママ友のおうちのフローリングには、私の足汗の型がほんのりとついてしまい・・。

 

ママ友が気づいたかどうかは分かりませんが、申し訳ないやら恥ずかしいやらで、その後の会話等々記憶がございません(泣)



「冷え性なのに足汗をかく」は大きな間違い!

自分が足汗をかくことが分かっていたのに、なぜその日は足汗対策をしていなかったのか。

 

それは、「寒くなったし冷え性で足が冷たいから」なんとなく足汗対策に考えが及ばなかったんですよね。

 

 

でもこれって本当に大きな間違いだったみたい!!

 

なぜなら「冷え性なのに足汗をかく」のではなく、「冷え性だから足汗をかく」が正しいからです。

 

 

そもそも冷え性の原因は、血行不順で手先・足先にまで血液が行きわたらないことにあります。

 

それが冷え性で冷たい足先が温められるとどうなるのか・・?

 

普通の人よりも急激に足の温度が上がり、その結果として大量の足汗をかくことになるのです!!!

 

 

温度の急激な変化が大きければ大きいほど、体から汗が出るようになっていて、それは足の裏も例外ではないのです。

 

今回の敗因は、まだそこまで寒くないのに調子に乗ってUGGを履いていたこと、歩いて10分の距離のママ友宅に歩いて行ったことがすべてです。

 

 

そういえば毎年冬でも足汗をかいていたな。

 

毎年夏が来る度に「夏ってこんなに暑かったっけ?!」と思うのと同じで、毎年「冬ってこんなに足汗をかくっけ?」ってなるんですよね。

 

な・ぜ・か、忘れてしまう。

 

あぁ、愚かな自分・・。

 

冷え性の足汗対策もやっぱりコレ!

私はこの夏、長年の足汗の悩みから解放されたんですが、夏だけじゃなく冬の冷え性による足汗対策として、引き続きお世話になろうと決心したことがあります。

 

それは足汗専用パウダー「piede(ピエデ)」をこの冬も継続して使用することです。



Piede(ピエデ)

 

ずっとワキ専用の制汗スプレーを使用していたんですが、ワキと足の裏では汗が出る汗腺が異なっています。

 

ということは、ワキにはワキ専用の、足の裏には足専用の制汗剤を使用するほうが当然効果が高いですよね。

 

 

実感として、ピエデを使用すると足の裏がサラサラするのはもちろんです。

 

でも、それよりも「足の裏に多くある汗腺に作用するように設計されているピエデを使っている」という、精神的支えのおかげで足汗をかく量が減ったと感じています。

 

 

ほら、「足汗をかきたくない!足汗止まれ!!」って思えば思うほど、大量にかいてしまうじゃないですか(泣)

 

この現象を、「精神性発汗」って言うそうなんですけどね。

 

私の場合、「足の裏専用制汗剤を使用している」という事実が、間違いなく精神性発汗を抑えてくれています。

 

 

なので、冬になったからと言って今後は忘れることなく、冷え性による足汗対策として、ピエデを使用していきたいと思います♪

 

ピエデの公式サイトはこちら♪

 

 

ピエデの口コミについては、こちらの記事に詳しく書いています^^

【口コミ】足汗対策はスプレーでもクリームでもなくピエデに決めたワケ。

 

まとめ

今回はオシャレなママ友宅で大失態を犯した私ですが、今後はぬかりなく足汗対策に取り組んでいきたいと思っています。

 

またおうちにお呼ばれするといいな・・。

-持ち物のこと