りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

発育のこと

2歳児のイヤイヤ期でイライラしたときに私がやっている3つのこと。

我が家の2歳児のイヤイヤ期は絶賛継続中です。

2歳になった頃から徐々にイヤイヤすることが増えてきて、2歳3ヵ月になる今は収まるどころかエスカレートしています。

 

しょうがない。しょうがないことは分かっているんですが、こちらも人間です。

1日24時間365日ずっと一緒にいると、イライラすることは多々多々あります。

 

私は器が小さいため、ものすごくイライラしてしまったときに子供に優しくなんてできません。

なのでイライラして子供に辛く当たるくらいなら、少し離れてみた方がお互いにとって良いことだと思っています。

そんな私がイライラしたときに取っている3つの行動について紹介したいと思います。



危なくない環境を整えてからお風呂に入る。

我が家の場合、夕方から夜にかけてイヤイヤがエスカレートすることが多いです。

家はイヤ!お外に行きたい!靴は履きたくない!オムツ替えたくない!お風呂に入りたくない!ご飯食べたくない・・!

 

私のイライラがMAXに達したときには、キッチンやお風呂に繋がるドアは閉めてベランダは二重ロック、部屋の中に危険なものが無いかよーくチェックし、子供をソファに座らせて普段はあまり見せることのないこどもちゃれんじのDVDをスタートします。

 

そして私は一人でお風呂に入ります。

10~15分一人でお風呂に入ったあとはあら不思議!

あんなにイライラしていた気持ちがスーっとどこかへ消えてしまいます。

イライラしたときは1人になるに尽きますね。

 

子供を部屋に一人残してお風呂に入ることについては賛否がありそうですが、我が家では特に子供が危険な目に遭ったことは一度もありません。

 

ちなみに一人でお風呂に入ることのメリットは、自分がお風呂に入るときにも一人になれるし、主人が帰宅してから息子とお風呂に入っているときにも一人になれる時間を確保することができる点です。

 

ほんまに今日はもうダメだわ・・ってときの奥の手として、一人お風呂はかなりおすすめです。

くれぐれも子供が安全に15分一人でいられる環境は整えておいてくださいね。

 

別室で天使の頃の写真を見る。

めっちゃイライラして、でも今風呂に入るような時間でもないしな~ってときには、とりあえず別室に向かいます。

このときも一人お風呂同様、子供が安全にいられる環境は確保しておくことが大前提です。

 

別室では0歳とか1歳のただただかわいくてただの天使だった頃の息子の写真を、ひたすら懐かしむ会を開催します。

時系列で見ていくと、懐かしさだけでなくどんどんできることが増えていっている息子の姿に感慨深い気持ちになります。

 

そしてこのイヤイヤ期は息子が成長していくうえで必要なことなんだから!と自然に思えてきて、イライラしていた気持ちが緩和されます。

5分そこらでできて、気持ちの切り替え効果も抜群なのでおすすめです。



たまには子供を預けて出かけちゃおう!

我が家では2週間に1回ほど土日の主人が休みの日に約2時間、息子を主人に預けて一人でゆっくりお茶をしに出かけます。

 

主人と息子に出て行ってもらい家で一人ゆっくり過ごしてもいいんですが、ついつい家のことが気になって結局ゆっくりできないという事態に陥りがちなので、コーヒー代は必要経費としてカフェに行っています。

 

最初の30分ほどは一人いられることがうれしいのですが、そのうち息子はどうしてるかな?大丈夫かな?とそわそわしだします。

私は昔から一人の時間が大事なので、一人でカフェに行くと2~3時間くらい余裕で過ごせていたのですが、今はダメですね。

私は完全に親になってしまいました(笑)

 

身近に子供を預けられる環境かある人にはおすすめの気分転換方法です。

 

まとめ

2歳ともなるとただかわいいだけの時期は過ぎてしまいます。

毎日本当に大変ですよね。

でもイヤイヤ期は永遠に続くわけではありません。

うまく気分転換しながら上手に乗り越えて行きたいですね。



-発育のこと