りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

お口のこと

子供の歯医者事情。幸運にも2件目で良い歯医者に巡り会えた!

子供がいると絶対に持っているのが「かかりつけ医」ではないかと思います。

でも小児科のかかりつけ医を持っているご家庭は多くあると思いますが、かかりつけの歯医者となるとどうでしょうか?

私の印象では、良い小児科よりも断然めぐりあうのが難しいと感じているのが子供の歯医者です。

我が家は幸運にも、2件目にしてよい歯医者さんにめぐりあうことができました!



歯科医師が出てこない歯医者。

息子が歯医者デビューをしたのは、上と下の歯が2本ずつ生えたときでした。

フッ素を塗ってもらいたくて歯医者に行ったのが最初でした。

その歯医者はもちろん小児歯科で、私が住んでいる地域では人気の歯医者だし、息子が生まれる前の歯科勤務時代にも良い評判を聞いていた歯医者でした。

 

ここなら間違いない!と意気揚々と訪れたのに、ふたを開けてみると思ってたんと違う!でした・・。

息子が歯医者に行く目的は“治療”ではなく“健診”です。

お口の中を診て、悪いところが無いか確認→無ければ歯みがき指導とフッ素塗布で終了。

 

そうなんです。

息子の場合、治療行為がないので歯科医師ではなく歯科衛生士でもできてしまうんですよね。

実際に歯科医師は1秒も息子の口の中を見ることなく、衛生士が歯磨き指導とフッ素塗布をして終了。

時間にして約5分。

うーん・・。

 

いやさ、本当に人気の歯医者だし、歯科医師がたかだか2歳の子供の健診に割ける時間がないのは分かるけどさ。

せめて虫歯チェックくらいは歯科医師がやろう?

ちょっとくらいは歯の生えかたなんかをチェックしてみない?

てな感じでした。

 

まだ歯が4本しか生えていない子供の歯なんか誰が見ても同じってことなのかしら・・?

その日がたまたま忙しかったのがもしれないけれど、ちょっと不信感が残る息子の歯医者デビューでした。



歯医者なんて腐るほどあるのが現状。

その後も3ヵ月おきにフッ素塗布をしてもらいに歯医者に通うも、一度も歯科医師が出てくることはありませんでした。

でも歯科医師が出てこない以外は本当に言うことなしな歯科で、人気の歯医者と言うのもかなりうなずけます。

清潔感があり、受付・衛生士・なんなら歯科医師までもみーんな感じがよかったです。

 

ただ私が求めているのは感じのよさよりも、歯科医師に息子の口の中を見てほしいということ。

なにも歯科医師につきっきりで見てくれなんて言いません。

でも歯科医師にしか分からないことって絶対にあるから、とりあえず見るだけ見てよ!という感じです。

 

悲しいかな、数回通ってもとうとう歯科医師が息子の口の中を見てくれることはなかったので、他の歯医者に移ることにしました。

 

2件目にしてよい歯医者発見!

次に見つけた歯医者は、特に小児歯科というわけではありませんでしたが、これまた歯科勤務時代に評判がよいとされていた歯科から独立した先生が開業した歯医者さんです。

とりあえずあまり過度な期待はせずにおこうと思っていた矢先、まさかのことが起こりました。

 

中のチェアーに通され、出迎えてくれたのは私がずっと求めていた歯科医師ではないか!

しかも普段の様子や困っていることを聞いてくれるもの歯科医師!

「どれにする~?」と歯ブラシやフッ素を子供と一緒に選んでくれるのも歯科医師!!

「じゃあゴロンとしてお口の中見せてね~」からの、フッ素を塗ってくれるのも歯科医師!!!

 

いやいやそれ、衛生士の仕事でっせ!ということまで、こちらの歯医者では全部歯科医師がやってくれたのです。

しかもコミュニケーション能力も抜群な先生だから、こちらが気になっていたことはすべて先回りで教えてくれるという。

こんなことならもっと早く歯医者を変えておけばよかった~!



まとめ

小児科と違って、良い歯医者にめぐりあうのは本当に運の要素が大きいなと感じます。

小さい子供の場合、まだ健診で行くことが多いのでそこまで神経質になる必要もないけれど、できるだけ同じ歯医者に通うのが望ましいと思うので最初の歯医者選びは重要な気はしています。

 

幸いにも日本には歯医者は本当に数多く存在しているので、良い歯医者も必ず一定数存在しています。

まだ子供が小さいうちに良い歯医者探しをしてみるといいですね。



-お口のこと