我が家の子供乗せ自転車は電動なしのふらっかーずシュシュに決定!

子供がお座りできるようになると、ぜひ手に入れたいのが子供乗せ自転車ではないでしょうか。

自転車は徒歩に比べると行動範囲はずっと広がりますし、ちょっとそこまで行くには最強のアイテムです。

実は我が家もずっと欲しいほしいと思いながら、あまりに選択肢が多くて悩みに悩んでなかなか購入に踏み切れませんでした。

そこで今回は我が家のかなり遠回りした経験を踏まえながら、失敗しない子供乗せ自転車の選び方についてご紹介したいと思います。

子供乗せ自転車の電動なしはこんな人におすすめ!

子供乗せ自転車を購入するにあたり、まず最初に悩むのは電動アシストつきかアシストなしかではないでしょうか。

この点については私も散々悩みましたが、購入してみるとアシストなしでまったく問題ないことが分かりました。

 

  • 行動範囲内は平地が多い
  • 使用頻度がそこまで高くない
  • 切替の「1」を使うことがない
  • 自転車に10万円~も出したくない!!

 

1つでも当てはまる人は電動アシストなしの自転車でOKだと思われます。

我が家の場合だと、まわりには平地しかないし、車にも乗るので自転車の使用頻度はそこまで高くありません。

そして私は昔から「自転車を漕いでる感」が好きで、切替はまず使いません。

試しに電動アシストつきに乗ってみましたが軽すぎて物足りませんでした(笑)

そして最後にして最大の理由。

自転車ごときに10万円も出したくない!!

ママチャリなら1万円あれば買えますからね~10万円オーバーは明らかに私のキャパを超えております。

 

逆に、下記の項目に当てはまる場合は電動アシストつきの子供乗せ自転車の購入をおすすめします。

  • 家のまわりに急勾配の坂がある
  • 移動手段がほぼ自転車になる予定
  • 最小限の力でぐいぐい前に進みたい
  • 10万円オーバーもいとわない

 

こちらのヤマハPAS Babbyは、旧モデルに比べ本体の重量が軽くなっています。

またバッテリーの容量も大きくなり、3.5時間の充電で約50km走行可能なので、子育てママの間で人気急上昇中なんだとか^^

丸石サイクルのふらっかーずシュシュに決定!

いろんな子供乗せ自転車を見た結果、電動アシストなしの子供乗せ自転車の中では1、2を争うのではないかと思っているふらっかーず。

自転車屋さんでふらっかーずを見つけ、実際に試乗させてもらったときの乗り心地もかなりよく、これにしようかなと決めかけたそのとき!

ふらっかーずは丸石サイクルというよく分からんメーカーの自転車だということを知りました。

 

chihiro

chihiro
すみません、丸石サイクルってメジャーですか?
おっちゃん

おっちゃん
えーお姉ちゃん知らない?自転車メーカーではものすごくメジャーだよ~!

 

「丸石サイクルを知らん人がこの世におんの?」と言わんばかりに、ビックリしていた様子でした(笑)

 

丸石サイクルは昭和47年設立、ふらっかーずは昭和62年に立ちあげられたブランドとのこと。

そして私が購入したふらっかーずは、正式名称は「ふらっかーず シュシュ」というラインの自転車です。

タイヤサイズは前輪・後輪ともに20インチで、幼児2人の3人乗り対応自転車、重量は25.9キロです。

安全性に関しても問題なさそう!ということで、最終的に購入に踏み切ることができました^^

ふらっかーずシュシュのおすすめポイントは3つ

納得して購入したふらっかーずシュシュですが、乗ってみて乗り心地や使いやすさがものすごくよくてますます気に入っています。

なかでもおすすめポイントは3つ。

子供乗せ自転車の購入を検討している方は、ぜひ判断材料の1つにしてみてください^^

ふらっかーずシュシュは車高が低い

ふらっかーずは20インチと車高が低いので、子供の乗せ降ろしがめちゃくちゃラクです。

むしろ推定12キロはある息子を、前カゴ部分のチャイルドシートに乗せたり降ろしたりするのはこの高さが限界な気さえしています。

また車高が低いということは、自分が自転車にまたがるのもとってもラクなんです。

信号待ちからの漕ぎ出しもとってもスムーズ^^

操作性・走行性ともに抜群で、乗っていてふらつくこともありません。

 

私は身長が160センチなので、女性としてはまあ平均的な身長なんでアレですが(どれや)身長が低めな方にはとくに20インチのふらっかーずはとってもおすすめです。

ちなみに身長175センチの主人が乗っても、サドルを調整すればまったく問題なく乗れています。

ふらっかーずシュシュはスタンドの安定感がすごい

ふらっかーずシュシュは子供乗せ自転車ということもあり、スタンドの安定感が神がかっています。

普通の自転車のスタンドとはゴツさが違いますよね!

ただゴツいスタンドをかけるにはちょっとしたコツがいるんですが、慣れるとかなり重宝します。

目的地に到着すると早く降ろせ!と動き出す息子ですが、このスタンドのおかげで自転車が倒れそうになったり危ない目に遭ったりしたことは一度もありません。

ふらっかーずはハンドルロックあり

安定感と言えば、ふらっかーずのハンドルロックにもすごく助けられています。

ふらっかーずはスタンドをかけると、同時にハンドルロックがかかる仕様になっています。

2歳児がちょっと暴れたぐらいではハンドルはビクともしないので、これはもう安定性の極みです。

ただガッチリとロックがかかるわけではなく、運転者が動かそうと思えば段階的に動かすことができる利便性も兼ね備えています^^

ふらっかーずの仕様を写真とともに詳しく解説

切り替えはもちろんついていて、3段切り替えです。

標準装備の前カゴ部分のチャイルドシートはこんな感じです。

チャイルドシートの足元を収納すると、普通の前カゴとして使用することができます。

首のところはびろーんと伸びるので、子供が寝てしまっても何となく支えられています。

 

ふらっかーずシュシュの価格

前カゴ部分のチャイルドシートは標準装備、スタンド・ハンドルロックなど、子供乗せ自転車としての機能は抜群。

そして「知らん人はおらんやろ」な丸石サイクルが作っているふらっかーずシュシュ。

希望小売価格はズバリ54,800円です。

 

・・自転車で54,800円って、どうですか?

今まで1万円くらいのママチャリにしか乗ったことが無い私にとっては、かなり衝撃的に感じたのが本音です。

なので機能性・安全性に関しては本当に言うことなしですが、この価格ならまあ妥当だなという感想です。

ちなみにこの価格でマジか・・!な私は、当然電動アシストつきの自転車の選択肢はありませんでした。

ふらっかーず購入はココに気をつけて!

ふらっかーずの購入にあたって、ひとつだけ注意点があります。

ふらっかーずは最新モデルも合わせると6色展開していますが、1つの自転車屋さんに6色すべてが揃っていることはまず無いと思われます。

うちの場合は、まずふらっかーずを置いているお店が1つしかなく(チェーン店)、ふらっかーずに出会うまでに数件まわりました。

で、やっと出会えた!と思ったらダークグレーメタリックしかなく、他の店舗に在庫があるか確認してもらってからその店舗に出向きました。

家の近所のお店で購入したかったのに、めっちゃ遠い店舗で購入してからそのまま家まで乗って帰るハメに・・。

なので、あらかじめ下調べをしたうえで実際に店舗に向かうと、探す時間と労力を省けるかと思います。

 

それすら面倒な場合には、ネット購入が断然おすすめです。

後で知ったことですが、楽天市場には私が購入した価格よりも安くしかも送料無料で購入できるお店がたくさんあります。

しかも楽天カード払いならポイント還元分でさらにお得になるわけじゃないですか。

く、くそう・・!!

楽天市場のサイクルベースあさひなら、店舗受け取りで送料無料、さらに楽天ポイントがつくので実店舗で購入するよりもかなりお得感が高いと言えます。

 

そして子供乗せ自転車には欠かせない子供のヘルメットの購入もお忘れなく^^

先日愛車の自転車、ふらっかーずに乗って買い物に行ったときのこと。 買い物を終え、駐輪場で息子を自転車に乗せヘルメットをかぶせていると、知ら...

まとめ

ふらっかーずの口コミを探してみると意外と少ないため、購入前にはすこし不安に駆られてしまったのも事実です。

でも実際購入し乗ってみると、本っっ当に買ってよかった!と実感しています。

色もかなり悩んだ結果、落ち着いた色味のダークオリーブにして大正解でした。

子供乗せ自転車を購入したおかげで、徒歩圏内のおでかけから行動範囲が広がって毎日楽しく過ごせています^^

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA