言葉が遅い2歳3ヵ月の息子と、箸が使える同月齢の女の子にモヤモヤ。

このあいだ友達と遊んだときのこと。

世の中には本当に教育熱心なお母さんが多くてすごいよね~なんて話をしていたなかで、驚愕の事実を知ることに。

 

ショックが大きすぎたけれど、どこにも吐き出すことができない複雑な気持ちを、このブログの中で吐き出したいと思います。

 

2歳で言葉が遅い息子とその一方で・・

なんと、友達の友達のお子さんは、2歳3ヵ月にして箸が使えるんだとか!

いやいや・・うちの子、最近になってやっと手づかみ食べよりはフォークやスプーンで食べられる比率が多くなってきたかな?ってレベルなんですけど。

 

1~10まで数も数えられるし、動物とか果物などは英語でも言えるんですって。

おまけにトイレだって完璧。

 

そのお友達いわく、

「普通に教えてたらできるようになったんよ~」

とのこと。

 

その話を聞いて、そのときには「へぇ~すごいな~」なんて普通に感心していたのですが、夜になってそのことを考え出したら眠れなくなってしまいました。

 

私の子育ては努力が足りなかったのかもしれない。

息子が生まれてから2歳3ヵ月の間、私なりに愛情を持って一生懸命息子を育ててきたつもりですが、友達の話を聞く限りでは、どう考えても私の努力が足りなかったように思います。

 

そのお友達の話では、6ヵ月のときからベビースイミングに通い、英会話にも通い、息子と同じ月齢にもかかわらず甘いものは一切与えないという徹底した教育ぶり。

そのお母さんはきっと、日常生活でも毎日絵本を読み聞かせたり、一生懸命言葉を教えたり、トイトレ、食事のときのしつけなんかもきちんとやっていたんだろうな。

 

それに比べて私はどうよ。

・1日3食きちんと食べさせて、清潔な服を着させる。

・睡眠時間をきちんと確保する。

・命に関わることじゃなければ特に口出ししない。

・テレビは1日1~2時間まで。

 

・・子供を育てるにあたって、最低限のことしかしてないやないかい!

あ、もちろん要求されれば絵本も読むし、1日1回はお外に出ますよ?

 

でも比較的緩やかに育ててきた結果なのか、同月齢の子供に比べて圧倒的に言葉が遅いんですよね。

にゃーとかわんわんとか入れても30語くらいしか話せないような気がする。

もちろん2語文なんてもってのほかです。

 

今までも言葉が遅いとは思っていましたが、他に気になることはなかったので「個性やろ。そのうちしゃべるようになるわ。」くらいに思っていました。

 

でも違う。

完全に私の努力不足だわ。

もっとちゃんと息子と関わって、いろんなことを真剣に教えてあげればよかった。

 

本当にただただ悲しい気持ちになったのでした。

他と比べる必要なんてなかった!

悶々としながら朝を迎え、次の日の午前中は絵本を読んだりできるだけコミュニケーションを取りながら過ごし、お昼ごはんのときのこと。

 

息子がスプーンでニンジンをすくいながら突然、「じんじん」って言ったんです!

えっ?!と思い、「これなあに?」と聞くと、確かに「じんじん(にんじん)」って言うんです。

 

落ち込んでいる私を見透かしているかのように、タイムリーに新しい単語を発する息子。

もう、マジで泣きました。

 

同時に他の子と比べること自体がまったく無意味なことで、息子は息子なりのペースでしっかり成長しているんだから全然問題ない!と強く思いました。

 

嬉しすぎたので私の母に電話をし、前の日の友達の話も合わせて話すと、

「まわりに惑わされるな!今はとにかく愛情を注ぐことが一番大事。」

とのこと。

 

あと、母は意地悪な人間なので、

 

「2歳そこらでまわりよりずば抜けていろんなことができたからって、その先もずっと優秀とは限らんし、むしろ今が人生のピークかもよ。

あんたの妹がそうやろ。」

 

ですって、ウケる(笑)

でも母がかけてくれた言葉にも少し救われました。

 

まとめ

自分の子供が同月齢の子に比べて劣っていることがあると、どうしても焦ってしまいますよね。

でも2、3歳って、個体差が本当に大きいように思います。

なので比べること自体が本当に無駄だということを、今回の件で思い知りました。

 

それよりも愛情を持って接すること。

それが一番大事なことだということを改めて実感しました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA