モロー反射はおくるみを変えるだけで寝かしつけのイライラが半減!

もうすぐ2ヵ月になる我が家の次男。

 

長男のときと違い、育児の経験値がいくらかついているため、2人目にはかなり余裕を持って接することができています^^

 

なによりこの時期最大の鬼門であった寝かしつけに関して、まっっったくストレスを感じることがないのが本当に大きい!

 

今回寝かしつけがうまくできるのは、子育ての経験値うんぬんではなく、病院で助産師さんに教えてもらった神アイテムのおかげなんですよね♪

 

もし、新生児~首座りの時期くらいの赤ちゃんの寝かしつけで、毎日苦労されている場合には、ぜひ参考にしてみてください^^

モロー反射対策はおくるみを工夫することが一番の近道?!

長男を出産したとき、まず最初に立ちはだかった壁は「寝かしつけ」でした。

 

もう、モロー反射に何度泣かされたことか・・!

 

おっぱい→トントンでやっと寝て、ベビーベッドに降ろした瞬間、モロー反射の発動により振り出しに戻る・・みたいなことが本当に多く、それがしんどくて何度も泣きました(笑)

 

それが今回は、出産していた病院で使われていた神アイテムをゲットしたおかげで、モロー反射対策万全でストレスフリーで寝かしつけができています^^

 

そのアイテムがこちら♪

 

※写真が見えにくかったら、クリックで拡大されます!

 

 

「スワドルミー」です^^

 

簡単に言うと、赤ちゃんにギュッと巻き付けることができるおくるみってところですかね。

 

赤ちゃんの両腕をM字型に固定することでモロー反射を防ぎ、ビクッとなって目が覚めてしまうことがなくなります。

 

結構な強さで赤ちゃんの両腕を固定するので、最初病院で使われているのを見たときには窮屈そうで心配でしたが、お母さんのお腹の中にいる姿勢に似ているので逆に安心できるのだそう。

 

これは助産師さんに確認済みの情報です^^

 

モロー反射対策としては本当に抜群のアイテムで、お雛まきで乗り越えようとしていたあの頃の自分にマジで教えてあげたい・・!

スワドルミーの我が家流の使い方はこちら!

スワドルミーの使い方はいたってシンプルです。

 

写真のようにスワドルミーを広げ、ポケットに赤ちゃんを入れて、マジックテープで止めるだけ♪

 

 

 

 

・・なんですが、これが最初はなかなかスムーズに行かないんですよね~・・

 

思考錯誤の結果、一番スムーズに寝かしつけを完了できる方法は以下の通りです♪

 

①オムツを替えていつ寝てもいいように体勢を整えたあと、ポケットに赤ちゃんを入れる。

②マジックテープは止めずに授乳をし、トントンしながら寝かす。

③寝ついたら赤ちゃんを下に降ろし、素早くマジックテープで両腕を固定する。

④スワドルミーで巻いた赤ちゃんを抱っこし、再びトントンで寝かしつける。

 

我が家ではいつもこの流れで寝かしつけています。

 

ちなみに③がかなり重要です。

 

せっかく寝ていても下に降ろすと動いて起きかけるので、赤ちゃんの動きが止まり腕の力が抜けたときにサッと両腕をM字型に曲げます。

 

その状態で左のペローンとなった部分を一気にグッと巻き、さらに右側のペローンのマジックテープで固定します。

 

この一連の動作を3秒くらいでできれば、寝かしつけは9割方成功です^^

 

 

スワドルミーの導入で、授乳時間を合わせても15分もあれば寝かしつけることができています♪

 

そして個人差はあるとは思いますが、うちの子の場合は寝かしつけてから3時間半から4時間は余裕で寝てくれます。

 

 

ちなみに私が購入したのはこちらです^^

 

 

病院で使われていたものよりも伸縮性があって使いやすいです。

 

うちの子は冬生まれなので問題ありませんが、夏生まれの赤ちゃんは少し暑いかもしれません。

 

なので、こちらの足元にファスナーがついたタイプがいいのかな?と思います。

 

 

この金額で寝かしつけのストレスから解放されたので、本当に買ってよかったです^^

 

スワドルミーのデメリットはある?

退院した直後から使用しているスワドルミーですが、今のところデメリットに感じる点は特に見当たりません。

 

でも口コミによると、スワドルミーでくるまれるのがイヤな赤ちゃんもいるみたいです。

 

実際うちの子も、寝かしつける前の起きている状態のときにくるむのはかなり嫌がります。

 

なので先ほど紹介した方法で、ほぼほぼ寝た状態にしてから一気にくるむようにしています。

 

 

あと、スワドルミーでくるんで寝かしつける方法に慣れてしまったら、やめるときに苦労するのでは?みたいな口コミも発見しました。

 

 

いやいやいや!!!

 

先の苦労を心配する前に、目の前のストレスから解放されることのほうが大事ですから!

 

 

私の場合は、ですよ。

 

 

なのでもしかしたら、首座りが完了し、モロー反射が無くなってスワドルミーが必要なくなったときには苦労するかもしれません。

 

そのときにはデメリットに感じるのかもしれませんね。

 

そうなったらまたスワドルミーのデメリットとして記事に上げます(笑)

 

まとめ

今回初めてスワドルミーなるものを知ったわけですが、実際に病院で使われていたという安心感もあり、即購入に至りました。

 

そして、今まで購入した育児グッズの中でダントツ購入してよかったと思えるアイテムです^^

 

寝かしつけで体力を消耗しているママには、ぜひ使ってみてほしいと思います!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA