【必見!】妊娠中に耳がつまるあの症状、一時的に治す方法を知ってしまった!

妊娠中のマイナートラブルって、数えだしたらキリがないくらい頻発しますよね。

その中で今現在私が直面しているのが、“耳がつまる”あの症状です。

耳がこもる、と言ったほうが正しいかな?

 

新幹線に乗ってトンネルに入ったときや、山に登ったときなんかによく起こりますよね。

それが妊婦さんの場合、5~6人に1人が日常生活の中で経験するそうなので、かなりの割合の人が経験している計算になります。

 

前回は妊娠後期に入ってから耳がこもる症状にかなり悩まされましたが、今回の妊娠では早くも症状が出始めてしまい、一瞬ブルーな気持ちになってしまいました。

 

が、しかし!!

私は前回の妊娠中に、ひょんなことから耳がつまる症状を一時的に治す方法を知ってしまったのです!

うなだれて知った、耳のつまりを治す方法!

現在は専業主婦ですが、前回の妊娠中は普通に働いていました。

座っていることが多い仕事だったんですが、妊娠後期ともなるいろいろなことに悩まされ結構しんどかったと記憶しています。

 

そのなかで長い間悩まされたのが、耳がつまることでした。

気がついたら治っているとはいえ、自分の声が大きく聞こえたり自分の呼吸音が聞こえたりと、ものすんごく不快なんですよね。

 

その日も何度目かの耳のつまりと疲労に、「またか・・」と仕事中椅子に座ったまま下を向いてうなだれてしまっていました。

ちょうど椅子に座ったままお辞儀をするような感じですね。

しばらくして元の姿勢にもどると、あれ・・?治ってる??

 

最初は特に気にしませんでしたが、しばらくしてからまた耳がつまり、もしかして・・と思い、もう一度うなだれポーズをとってみました。

少しして起き上がると、うん!やっぱり治ってる!!

 

そうなんです!

耳がつまったときには頭を下にしてうなだれポーズをとると、耳のつまりを一時的に治すことができることを発見したのです!

 

うなだれポーズは時間にしてほんの3~5秒程度で大丈夫なので、仕事中でもサッとできて効果は絶大です!

妊娠中の耳のつまりに悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

 

ただし、この方法が正しいかどうかお医者さんに確認したわけではないので、やってみる場合は自己責任でお願いしますね!(笑)

耳がつまる耳管開放症っていつまで続くの?

耳がつまる症状の正式名称は、“耳管開放症”と言います。

 

普段は閉じている耳管ですが、あくびをしたり鼻をすするなどのちょっとしたことで耳管が開き、耳がこもる症状が出るのだそう。

妊娠中に起こる耳管開放症の原因としては、ホルモンバランスの乱れや血行不良、妊娠がもたらすストレスなどが挙げられます。

 

ということは!

出産を終え、ホルモンバランスや血の巡りが正常に戻ると耳管開放症も自然と治るということなんです。

 

実際に、前回出産を終えたあとに耳がつまることは一度もありませんでした。

なので出産してしまえばこっちのものです!(笑)

 

でも私、まだ14週かぁ・・。

出産までの道のりは長いですが、うなだれポーズを取り入れながら乗り切りたいと思います。

 

まとめ

妊娠中のマイナートラブルって厄介なものが多いですが、産んでしまえば自然と治るケースが多いように思います。

妊娠中の耳のつまりもその1つなので、うまく気分転換しながら乗り切りたいですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA