りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

日常生活のこと

洗濯機から茶色いカスが発生!洗濯槽カビキラーとちょっとした工夫で大量捕獲!

2017/10/11

大型連休最終日の今日、最後の日くらいは家でゆっくりしたいなあと思いながら洗濯物を干していたところ。

 

ふと洗濯物を見ると、ひとかけらの茶色いカスがこびりついているではないか!

 

 

コレを発見してしまったがために、家でゆっくりするという計画はあっけなく崩れ、久々に洗濯機の掃除に乗り出すことにしました!

 

※画像はクリックで拡大されるため、見えにくい場合には拡大してみてください^^




洗濯機の茶色いカスの正体は?

誰もが一度は遭遇したことがありであろう、洗濯機から出したばかりの洗濯物についている茶色いカスのようなもの。

 

この茶色いカスの正体は、洗濯槽にこびりついたカビなんです!

 

洗濯物にひとかけらこびりついている、このただの茶色いカスを侮ることなかれ。

 

この茶色いカスはにおいの原因になるだけではなく、なんと子供のアレルギーの原因にもなるんだとか!

 

 

そのことを知ってから、もしかしたら我が家の2歳の息子の肌のザラザラは、この茶色いカスも原因のひとつだったりして・・。

赤ちゃんのときから肌がザラザラしていた息子。最近悪化した原因はまさかの・・!

 

なんてことを考え出すと、息子よマジでごめん・・と申し訳ない気持ちになり、母ちゃんすぐにキレイにするからね!と一念発起したのでした。

 

ちょっとした工夫で驚くほど取れる!

ちなみに我が家の洗濯機の掃除はこれが初めてではありません。

 

結婚してから購入した洗濯機の使用期間は3年ちょっとで、その間に半年に1回くらいは洗濯槽クリーナーを使用して掃除をしています。

 

なので要領や手順についてはよく知っていましたが、今回は最近小耳に挟んだちょっとした工夫を取り入れてみることにしました。

 

そのちょっとした工夫とは、お湯を使うこと、たったこれだけのことなんです!

 

 

ではポイントとやり方を説明していきます^^




 

給湯器で出てくるMAX熱い60度のお湯をバケツ3杯分ほどと昨日のお風呂の残り湯、あとはクリーナーをを洗濯機の中にIN。

 

5分ほど“洗い”運転をしたあと3時間ほどつけおくことに。

 

途中30分ほど経ったとき、どれどれと洗濯機のふたを開けてみると・・。

 

 

え~~~~!!!!!なにコレ??!!!!

 

今までこんなに茶色いカスが大量発生したことないんですけど~!!!

 

 

今までと違うことと言えば、お湯を使ったことくらい・・。

 

お湯の威力すげーな!と思いながら、とりあえず茶色の物体をすくうことにしました。

 

 

こんなことになるとは思わなかったので、ゴミをすくうためのあみなど用意していなかったため、急遽息子のおもちゃを代用することに(笑)

 

金魚すくい気分で行くぜ^^

 

とりあえず表面のカスをすくい終えたので、再び数分“洗い”を行って30分放置した結果がこちら。

 

え、マジ・・???

 

うちの洗濯機、そんな汚れてる・・??

 

そんなこんなを数回繰り返し、トータルで3時間つけ置いたあと、洗い→すすぎを終えたのでした。

 

でもこれだけでは不安だなと思い、もう一度今度はクリーナーを使わずに、洗い→すすぎを行うことに。

 

2度目の洗いを終え、水が抜けたときの状態がコレ。

 

・・いやコレ、完全にキレイになる日は来るん?状態です。

 

ティッシュやあみを駆使しながら、文字通り一日仕事で洗濯機を掃除したのでした。



洗濯槽クリーナーでおすすめはある?

洗濯槽クリーナーには“塩素系”と“非塩素系”があります。

 

洗濯機を傷めることなく茶色いカスをキレイに取り除くには、非塩素系一択と言えます。

 

今回我が家が使用した洗濯槽クリーナーは、ジョンソンの“洗たく槽カビキラー”です。

 

同じく非塩素系の洗濯槽クリーナーでは、“シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g”もひそかに人気がある商品です。

 

 

無添加シャボン玉石けんを使用しているので、小さい子供がいるご家庭では重宝するクリーナーではないかと思います。

 

ドラッグストアなどでは置いていないお店が多いので、ネットでまとめて購入するのがおすすめです。

 

まとめ

大型連休最終日に、一日仕事で洗濯機の掃除に取り掛かることになるとは夢にも思いませんでしたが、おかげで明日からは気持ちよく洗濯することができそうです。

 

今回お湯を使うという本当にちょっとした工夫で、驚きを通り越すくらい大量に茶色の物体を捕獲することができました。

 

お湯を使う、たったこれだけのことで効果が全く違ってくるので、まだ試したことのない方はぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

ちなみに洗濯機の掃除の適正な頻度についてはこちらの記事に詳しく書いています♪

洗濯機の掃除の適正な頻度に唖然・・!茶色いカスは短期間でも大量発生する!



-日常生活のこと