りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

出産のこと

立ち会い出産に後悔なし!デメリットよりメリットが上回ると感じた理由はコレ!

このあいだ友人3人とお茶をしたとき、立ち会い出産の話題になりまして。

私を含め3人とも主人の立ち会い出産でした。

 

で、私は本当に主人に立ち会ってもらってよかったと感じたし、次の出産も絶対に立ち会わせようと考えていますが、友人2人はどうやら違ったよう。

 

立ち会い出産は後悔する?メリットやデメリットは?

後悔しない立ち会い出産の方法について、私の経験をもとに紹介していきたいと思います。



 立ち会い出産で後悔した人はどんな理由?

立ち会い出産で後悔したという話は意外とよく聞きますよね。

 

その理由としては、

・集中できない

・頼りにならない

・恥ずかしい

 

などの理由が多いようで、友人2人もまさに同じ理由でした。

 

私も出産前は主人の立ち会いなんていらね!と思っていました。

自分が痛みに弱いことが分かっていましたし、乱れまくることも大いに予想ができていたので、そんな姿を見られるなんてただただ恥ずかしいと思っていたんですよね。

 

でも、出産を経験してみて分かったんですが、子を産み落とす過程で恥ずかしいとか全っっっ然なかったです!

本当にそれどころじゃありません。

主人が頼りにならないとか集中できないとかもなかったです。

主人の存在を気にするヒマがありませんでしたから・・(笑)

 

 立ち会い出産に後悔なんてない!むしろしてよかった!

立ち会い出産を希望していなかった私が、やっぱり主人に立ち会ってもらった理由。

それはお世話をしてくれていた助産師さんの言葉でした。

 

私は41週に入っても陣痛が来なかったので、前日に入院し夜9時ごろに促進剤を打ってもらいました。

陣痛が来始めた翌日早朝、助産師さんに、「まだ産まれないと思うけど、今からご主人に来てもらったほうがいいよ!」と言われました。

 

その理由は、

「これから自分の奥さんが大変な思いをして子供を産むっていうのに、子供の父親であるご主人がその過程を見にも来ない、何もしないっておかしくない?

それで平気な顔して、自分の子供だ!って赤ちゃんを抱っこするわけ?

お母さんだけが苦しい思いをするのはおかしいよね。

子供を産むってことは本当に大変なことなんだということをご主人も知っておくべき!」

 

とのことでした。

 

すごく優しく、諭すように話してくれました。

いや、本当にその通りだなと思ってすぐ主人を呼びつけました!(笑)

 

主人は朝6時頃に病院に到着。

生まれたのはその日の夜9時頃。

 

ずっと立ち会って私の指示通りに動いてくれ、相当疲れていた主人。

しかも「せっかくだから!」という助産師さんの心遣いで(?)、赤ちゃんが出てくるのを私の真正面からのポジションで見学した主人。

相当グロッキーになっていましたが、かなり感動したようです。

 

一連の姿を見たことで何か主人の態度が変わるかな?と思いましたが、いろんなことを超越してむしろ愛おしくなったとの珍回答をいただきました(笑)

世の中にはこんな人間もいますよ!



 立ち会い出産を「やってよかった!」にするには?

出産をする女性(妻)はただただオロオロする男性(夫)に対して、

「私はこんなに痛い思いをして頑張ってるんだから、お前ボーっとすんなよ!(怒)」

って思ってしまうんですよね。

分かります、すごく分かります!!!

 

そしてどんどんイライラが募った結果、こんなことなら立ち会い出産なんてしなければよかった!と後悔してしまうんじゃないかと思います。

 

でも出産は、産む女性にとっても立ち会う男性にとっても壮絶で非日常的なもの。

しかも男性って女性に比べて非常事態に弱いと思うんですよね。

女性は覚悟を決めてしまえば強くなるところがありますが、男性はいつまでもオロオロオロオロ・・(笑)

 

なので「しっかりせい!」とイライラする前に、妻のほうから「こうしてほしい!」を具体的に伝えることがとっても大切です。

 

具体的な指示を出せば、動けない旦那はそうそういないはず!

私の場合は、陣痛の波が来たときにお尻の穴を思いっきり押してもらうとちょっとラクになったので、波が来るたびに思いっきり押してもらっていました。

 

「ごめん、ちょっとお尻の穴押してもらえるかな?」

とかじゃなくて全然大丈夫です!

「お尻!はよ!!!!」

でOK!(笑)

喉が渇けば「お茶!」、しんどくて背中をさすってほしければ「背中!」

これでOK!

 

具体的にやってほしいことの指示を出せばちゃんと動いてくれるはずです。

それでも役に立たなかったときは、「出て行け!」で速やかに出て行ってもらいましょう!(笑)

 

立ち会い出産後悔派の意見を目にしたり耳にしたりして思うことは、「こうしてほしい!」をうまく伝えられなかったことも原因の1つだと思います。

「言わんでも分かれよ!!」と言う気持ちは分からんでもないですが、非常事態に弱い男性にそれを求めるのはかなり無理があります。

 

1から10まで、みなまで言えばほんの少しはラクにお産が進むはず!

立ち会い出産をしてよかったな、と思えるのではないでしょうか。

 

まとめ

出産って本当に壮絶です。

断言できます。

 

でも助産師さんの言葉にもあったように、それをすべて母親である女性が背負うべきではないと思います。

立ち会い出産で後悔しないために、事前にご主人と話し合ったり「こうしてほしい!」を具体的に伝え、いいお産ができるといいですね!

 

私は次のお産も絶対に主人を立ち会わせます!!



-出産のこと