りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

お気に入りのもの

【口コミ】子育てママの靴は歩きやすくてオシャレなTOMS(トムス)がおすすめ!

2017/10/11

ようやく春の訪れが感じられるようになってきた今日この頃。

 

これからの季節、もうUGGを履くことはあまりないだろうな~ということで、天日干しやスプレーなどをして靴箱の季節物をしまっているスペースにしまいました。

 

すると約半年ぶりに奥から顔をのぞかせているTOMSに再会!

 

あら~お久しぶり!と思わずテンションが上がってしまいました^^

 

 

去年の春先から秋口にかけてめちゃくちゃお世話になったTOMSは、子育てママなら1足持っておいて損はないかもしれません。

 

今回は歩きやすくてオシャレなTOMSの魅力について紹介していきたいと思います。



歩きやすくて疲れない靴は腐るほどある。だがしかし!

私自身、子供が生まれる前はピンヒールを好んで履いていましたが、今ではまっっっったく履きません。

 

代わりに増えた靴といえば、スニーカーとつっかけと言う名のサンダルです。

 

 

スニーカーに関していえば、コンバース・NB・VANS・NIKE各種取り揃えております。

 

スニーカーの良い点は、履きやすい、脱ぎやすい、歩きやすい、疲れない」の4拍子揃っているところですよね。

 

子育て中のママにとっての靴選びの基準って、このあたりは絶対譲れないことなのでスニーカーは本当に理に適っています。

 

 

でも・・。

 

スニーカーって流行っているし最近ではオシャレなものもありますが、どうしてもカジュアルになりすぎますよね。

 

子供と公園に行くだけなら迷わずスニーカー一択ですが、そうでなければスニーカーじゃない方がオシャレかも・・なときが多々ありませんか?

 

 

そこで私が去年の春先に購入したTOMS(トムス)はめちゃくちゃよかったです。

 

※画像をクリックすると拡大されるので、見えにくい場合は拡大してみてください^^

 

トムスの中でも定番のクラシックシリーズで、履き心地、歩きやすさは抜群。

 

息子を追いかけまわしたり、イオンなどの広大な敷地を1日歩き回ってもまったく疲れません。

 

 

素材は内側も外側もコットンです。

 






底はEVA+ポリエステル、中敷きはEVA+ピックスエードです。

 

ちなみにEVAはいってみればゴムのような材質で、ピックスエードは柔らかくで強度のある革のことです。

 

 

海外でも国内でも多くの有名人が履いているトムスですが、歴史はまだ全然浅く、2006年にアメリカで設立された靴のブランドです。

 

ブランドを立ち上げたきっかけは、設立者であるブレイク・マイコスキーがアルゼンチンのある村を訪れたときのことです。

 

現地の村では貧困のため靴を買うことができず、土壌感染症の被害にあっている子供が数多くいて、そんな子供たちを救うために立ちあげられました。

 

そのような背景もあり、ブランドのロゴはアルゼンチンの国旗になっているというホロリとしたエピソードつきです。

 

トムスはオシャレなだけじゃない!

次にトムスの素敵ポイントについてご紹介していきます^^




歩きやすい、疲れにくい、オシャレなトムスですが、子育て中でも最高にうれしいのが丸洗いできる点です。

 

子供と一緒にいると、なぜだか靴って汚れませんか?

 

おい、足踏んどるぞ!的な。

 

 

しかも私の場合、子育て中には絶対タブーな白系を選んでしまいました。

 

案の定汚れまくりますが、丸洗いできるのでザッパザッパ洗っています。

 

 

しかもスニーカーと違ってヒモがないので洗いやすく、コットン地なので真夏の炎天下だと半日あれば余裕で乾きます♪

 

そもそも素足で履くものなので、できれば頻繁に洗いたいところなので丸洗いできるトムスはめっちゃおすすめです。

 

 

オシャレなトムスだけど、万能ではないところもニクイ!

ここまでトムスごり押しでしたが、いくつかデメリットもありまして。

 

トムスはコットン地なので、お察しの通り雨の日に履くと撃沈します。

 

家を出る前から雨だったらまずトムスは履いて出かけませんが、問題は外出中に雨に当たったとき。

 

 

すんごい悲惨なことになります。

 

雨を全部吸収します。

 

 

また、トムスは履いてしまえば歩きやすく疲れにくいのですが、履くのがちょっと・・いや、だいぶ面倒です。

 

これまたコットン地ということから分かるように、生地に伸縮性がまったくないうえ素足で履くもんだから、滑りが悪いという二重苦に見舞われます。

 

まあこれもストッキングや靴下を履けばクリアできる問題ですし、履いてしまえばこっちのもんなので、そこは頑張って履きさえすればOK済む話です^^

 

ただ、外出先で脱いだり履いたりしなければいけないときにはちょっとおすすめはできません・・!

 

トムス、高くない?

ここまでで、トムスいいじゃな~い♡と思ってくださった方がいらっしゃったらうれしい限りです。

 

でもひとつお伝えしていないことがあります。

 

実はトムスの中でも一番人気があるクラシックシリーズ、1足7,452円します。

 

 

・・た、高いですよね?

 

だって同じスリッポンでもVANSなら3,000円代で買えるわけで。

 

本当はずっと欲しかったトムス、高額ゆえに2年買えませんでした(笑)

 

でもトムスは先ほど紹介したアルゼンチンの貧困の子供のために設立されたブランドなので、1足購入されると靴を必要としている子供に1足靴が送られるという「One for One」に取り組んでいます。

 

 

それって、なんか素敵やん?

 

私がトムスを購入することで、遠く離れた国の子供たちの役に立てるって本当に素敵なことだと思います。

 

自分に子供ができたからこそ分かる部分があったのも大きかったです。

 

 

実際に購入してその履き心地やオシャレ度には本当に満足しているので、なんならもっと早くに購入すればよかったとも思っています。

 

そして・・今年は赤が欲しいです。

 

まとめ

子育て中ってオシャレに関しても何かと制約が多いですよね。

 

でもトムスは機能性・オシャレどちらをとっても子育てママに適しています。

 

オシャレは足元からっていいますし、1足持っておいてまず後悔はしません!



-お気に入りのもの