りあいく!

実体験100%の育児ブログです。

妊娠中のこと

トキソプラズマの検査結果が出た!陰性だったのが逆にプレッシャー?!

前回の妊婦健診で、以前受けたトキソプラズマの検査結果を教えてもらいました。

結果は陰性だったんですが、それが逆にプレッシャーで・・。

 

「今までにトキソプラズマにかかったことがないみたいだから、気をつけてね!」

とのことでしたが、何をどう気をつければいいの~?!!!



妊娠中に始めてトキソプラズマに感染するとどうなるの?

私はトキソプラズマの検査で陰性だったわけですが、そのような場合、妊娠中にトキソプラズマに感染しないように注意しなければいけません。

今までにトキソプラズマに感染していたら、トキソプラズマに対する免疫を持っているということなので、あらたにトキソプラズマが体内に入ってしまったとしても抗体や貪食細胞によって赤ちゃんまで届くことはないのですが・・。

 

なんせ私は抗体を持っていない・・!!!

 

もし妊娠中にトキソプラズマに感染してしまったら、赤ちゃんが先天性トキソプラズマ症を持って生まれてくる可能性があります。

 

でも、私を含め、多くの人が勘違いしていることが多いのですが、妊娠中に初めてトキソプラズマに感染したからといって、すべての赤ちゃんがトキソプラズマ症を持って生まれてくるわけではないそうです。

感染した時期にもよりますが、10~70%の確率で赤ちゃんに感染してしまうのだとか。

 

10~70%って・・めっちゃ開きが大きいような気がするんですが、100%ではないということですね。

 

 先天性トキソプラズマ症ってどんな症状が出るの?

妊娠初期にトキソプラズマに感染した場合には、流産の原因になることもあり、無事生まれてきたとしても水頭症、網膜脈絡膜炎、脳内石灰化など、脳や目に障害が出やすくなります。

妊娠後期になれば赤ちゃんの発育も進んでいるので、胎児への移行はしやすくてもある程度の防御機能が備わっているので障害が軽くなる傾向があります。

 

でも、先天性トキソプラズマ症の症状は一概にはいえず、気づかないほど軽いものもあれば死に至るほどの重い症状が出ることもあるそうです。



トキソプラズマに感染しないために気をつけることは?

妊娠中に初めてトキソプラズマに感染しないようにするためには、いくつか気をつけることがあるのはよく知られたことですよね。

 

たとえば、

◎猫や鳥に触らない。
外猫の肛門やうんちに触ってしまった場合には、すぐに丁寧に手を洗う。◎ガーデニングや土いじりに気をつける。
もしもガーデニングなど行う場合には、手袋をはめ、終了後はすぐに手を洗う。

◎生肉や生ハムを食べない。

これらはトキソプラズマに感染しないための鉄則中の鉄則です。

 

でも・・これっていくつか疑問が浮かんできませんか?

たとえば、猫はダメで犬はいいの?とか生ハムはアウトだけどローストビーフは?とか。

気になった私は全部お医者さんに聞いてきました!

 

 トキソプラズマは犬やローストビーフは大丈夫?

◎犬について

トキソプラズマは基本的にはどの動物にも寄生しますが、触っただけで感染する可能性があるのはネコ科の動物で、しかも外猫や野良猫だけだそうです。

もっといえば、「トキソプラズマに感染してから2週間以内の外猫」だけが危険なだけであって、それ以外の動物は犬でもハムスターでも特に感染の恐れはないとのこと。

 

私の実家では犬を飼っているんですが、それも全く問題ないといわれました^^

 

◎ローストビーフについて

トキソプラズマ菌は基本的に生肉の表面についています。

ローストビーフは表面を焼いているので、スーパーで売っているものはまず大丈夫とのことです。

 

よかった!

我が家ではイオンで売っている498円だか598円のパックに入ったローストビーフが好きで、割とよく買うんですよね。

食べ過ぎはよくないとは思いますが、1ヵ月に何回か食べる分には問題なさそうです^^

 

ただし、自分で調理したものはきちんと加熱できていないおそれがあるので避けるのが無難です。

 

 

トキソプラズマの検査はいつ受けるの?費用はどのくらい?

私がトキソプラズマの検査を受けたのは妊娠14週のときでした。

 

特にこちらから「トキソプラズマの検査をしたいんですが・・」とか言ったわけではなく、病院のほうから声をかけてもらいました。

検査の方法は血液検査で自費となります。

 

トキソプラズマの検査費用ですが、私が支払ったのは2,620円でした。

ちなみに病院でもらった資料の検査料の記載は、修正されて2,620円となっていました。

性格の悪い私は、うっすら透けている改定前の金額に目を凝らしたんですよね(笑)

 

そしたらなんと以前は1,000円で受けることができていたようです!!

その差1,620円!!!

 

大きいですね~(笑)

ちょっと高いなとは思いましたが、第一子のときにケチってトキソプラズマの検査を受けなかった私。

その後ものすごく後悔した経験があるので今回は受けることにしましたが、安心料として考えれば安いモンだったと思っています^^

 

まとめ

妊娠中は情緒不安定になりやすく、何かと気になることや心配事が増える時期です。

検査を受けておけば、気をつけるべきことも明確になります。

いらない心配をしなくて済むように、(←経験者は語る)ぜひトキソプラズマの検査を受けるといいですね。



-妊娠中のこと